読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自信ができていなかった「今を掴む」を今日から

私の人生絵本(オリジナル絵本制作)のモットー

「”今”を掴み描き残す」

 

私が面白いと思うもの、

それは「変化」です。

 

・サプライズで顔がパッと明るくなる瞬間

 

・打ち上げ花火のクライマックスで見せる人々の驚きの表情

 

・悩んでいたことが消化され自分の中に答えが出た時の晴れやかな表情

 

・同じに見えるものは、それ自体に変化が見つけられなければないほど

時間だけは確実に変化していることを認識させられます。

 

変化は、見ていてワクワクします。

変化をみるとなんだか「変わるって生きていることなんだなー」と感じます。

 

 

私は変化が大好物なんです!

 

もっと変化の場面に立ち会いたい

では、いかにもっと変化を感じるか

見つけた答えは

「今の自分をしっかり見つめること」でした。

 

変化を知るには前の状態を知っていないとその変化にも気がつけない。

 

きっと

気がついていない変化がたくさんあるんじゃないでしょうか。

いつのまにか話せるようになっていて、立ったり歩いたりしている。

当たり前かもしれないけれど、でもできないときがあったのに!

 

そして、

子どものころは周りの人にできていないところよりもできていることを認めてもらえていた、それがだんだん大人になるにつれ、できないことの方が注意を引くようになってしまったのは何故だろう。

 

郵便が送れる、電車のり目的地につける、歯がみがける。

どんなことも全て初めからできるのではなく、できないときがあり

そして、初めて出来た時が瞬間がある。

 

できない自分を多く知っていれば、出来た喜びを多くしることができる。

 

できていないことがいっぱいあるということは、

できる瞬間の喜びに出会うチャンスがたくさん味わえるということ。

 

今の自分にうそをついていたりごまかしていたりすると、

やはり、またこのごまかした場所に

気持ちを解きに必ず戻ってこなければいけないように思う。

 

今を知って、感じて、認識。

 

今を知れば自然と変化したいほうへ変化していく。

 

これを絵本でやっていきたい。

 

しかし、ふと毎日の自分はどうかと問い直してみると

公言している割にできていない。

 

だから、今日から何としても初めることにしました。

言葉にする、絵にする、とにかく今日の気持ちはキチンと認識する。

 

たのしい、うれしい、くやしい、モヤモヤする、いやだ、

劣等感、隠したい、認めたくない

 

この気持ちを認めたくない時は、

今、自分は認めたくないんだな〜と思っていることを認める。

 

そこを認めないといつまでも変われない気がする。

 

自分の素直な気持ちをいったん見つめて、改めて自分はどうありたいのか

頭で考え、そして外に出していこう。

 

 

ps:最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

人知れず山間に広がるミツマタの木を見に綾部老富へ!

紙幣を作る紙に使用されるミツマタの木

枝が三つに分かれてふさふさの花をつけます。

実は以前、花のイラストを描く仕事でこの花がその中の一つにありました。

描いている中で特に気になっていた花だったので、テレビでこの花がたくさん植えられている場所があると聞き、ちょうど近くに行く機会もあったので車飛ばして行ってきました!

f:id:oekakigiemon:20170406231744j:plain

 

この日は雨ということもあり運良くミツマタを二人締め^^

 

森の中、静かに広がるミツマタ群に雨の中見とれました。

 

人が歩いている場所から上へ上へと広がるミツマタの群は足を踏み入れると花畑に埋もれるような感覚

人の背丈くらいの小さな木で横に大きく広がるように花をつけます。

一本の木でもシンプルな花束のような姿のミツマタは甘いいい香りがしました。

f:id:oekakigiemon:20170406233736j:plain

 

ファンタジーの世界のようなこの風景

 

これがお金の紙に使われていたと聞くと日本にとってとても大事な花なんだな〜と改めて実感。

私もお世話になってきたんだなと思うと、他人事ならぬ他花事には思えない親近感を感。

 

そして、会ったこともないこの花を植えた人々の存在をなんとなく感じた。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

詳しい場所ですが、検索しても出てこなかったので次行かれる方のために

今回私が行って見た場所を載せたいと思います。

情報錯誤などにより関係者や花園管理者の方に迷惑がかかるようでしたら消去しますのでご連絡ください。

【地図】※入り口の場所です。

google map

https://goo.gl/maps/uMVZJcg8LK32

 

入り口にはこんなかわいらしい案内地図の入ったポストがありました。

f:id:oekakigiemon:20170408235202j:plain

未熟なんてない、いつだって全力

大きくなるにつれてできることはどんどん増えていくはずなのに

どうしてどんどんできなと思う自分は大きくなるのか

 

子どもの頃はできないなんて考えない

問題はやりたいかどうか

その”力”に圧倒され気がつかされた休日でした。

 

 

先日、遠く離れた親戚のお家に家族で遊びに出かけました。

 

陶芸を代々やっているお家で家はほとんど山の中。

 

裏庭には古墳があり、猪が倒れていたり鹿がいたり…

なんともワイルドでいつもの我が家とは違う空気と時間が流れる場所でした。

 

そこで育つ子ども達はなんだか「生き生き」していて

本当に「生き」ている力を感じました。

 

1歳と少しになるYくんは話せる言葉は「おとーさん!」だけ!

 

でも、彼は自分を赤ちゃんだなんて思っていない

 

1日だけお泊まりして親戚といえど人の家にお邪魔してそわそわしている

私なんかより堂々とそこで一人前に生きている。

 

お腹が空けば、台所に行ってあるものをつまむ

なければ「おとーさん!」と叫ぶ

 

行きたい場所には外だとしてもそこらへんにある誰かの靴を履いていこうとする

ドアに鍵がかかっていればドアをバンバン、そして「おとーさん!」

 

ダメと言われてもやりたいことはやる!

 

叶わなかったらお父さんやおばあちゃんの足をバンバンと叩いて自己主張!

 

 

 

 

 

Y君のあの目が忘れられない

 

変化していい

先日は、瀬戸さんと2度目の絵本の打ち合わせでした。

 

私の絵本制作としては5冊目となりますが、

毎回、趣旨やテーマが異なるので

なんだかんだいつも一からのスタートの気分です。

 

今回の絵本制作では、瀬戸さんから

「せっかく出口さんと作るのだから

ぼくの人生や話を聞いて出口さんが感じたことを大事に作ってほしい。」

 

という言葉をいただきました。

さあさ、どんな絵本になるんだろうと

 

今回の

打ち合わせまでいろんな準備をしましたが、

準備は万端にしてもそれに縛られることなく

その ”場”で見つかることを大切にしたいと思い

打ち合わせに臨みました。

 

話を進めていくうちにキーワードとなる言葉が

 

 

それは

 

「変化していい」

 

という言葉

 

瀬戸さんの人生を読み解くうち

いろいろな思いを聞いているうち

私の心に残った言葉でした。

 

 

変化する

 

変化していい

 

 

「変化してもいい」変わっていくことを恐れない

それを聞き、なんだか私の気持ちが軽くなりました。

 

それを伝えると瀬戸さんからも是非とこれをテーマに絵本を進めていくことに。

 

 

人の人生を聞き絵本にまとめるという試みを進めていて

いつも楽しみなのと同時に、人生を一冊の絵本という情報の少ないものにまとめることなんて私の力でできるのだろうかという自信のなさや不安がありました。

 

しかし、今回、ありがたいことに瀬戸さんのたくさんの言葉に自由にしてもらえて

人生を凝縮しまとめるのではなく、二人が話す中で見つかった言葉を元に

広げ新しく作っていくという作り方に今とてもワクワクしています。

 

 

 

あの頃あんなことで悩んでいたな

久々になる大学の友人に会いました。

 

2年ぶりでしょうか。

 

卒業してから、いろいろな意味で大学の時とは変わってしまった自分を実感してた中、相変わらずな友人を見て大学の時の空気を思い出してなんだか嬉しくなりました。

 

自分でも「オレは全然変わっていない」と言っていたけれど、

この2年きっと色々なことを乗り越え

2年前とは違う部分がたくさんあるんだろうなと

話を聞く中でなんとなく感じました。

 

相変わらず人には真似できないようなものすごい行動力を持ちながら

相変わらず何故かものすごく自己評価が低い彼は

またまたいろいろ悩んでいるようでしたが

 

私は話を聞きながら、この人が何十年後どんな風になるのかワクワクしました。

 

きっと今悩んでいることも年をとっていけば

「そんなことでなやんでいたっけ」

なんて話せるようになる、むしろ話すようになってちゃう

だからこそ、今持つことができている悩みは今全力で悩み抜いておくんだ!

と話を聞きながら密かに心の中で思ったり。

もうそれに真剣に悩める時期は来ないかもしれない

 

そんな機会をまあいいやなんて逃すのはやめる

 

悩みや障害はない方が楽かもしれないけれど、やっぱりその時その時で

努力して全力以上を出さないと越えられないような壁の前に立っていたい

 

だから「あ〜〜〜」って悩んでいる彼を見てちゃんと向き合うべきことに

向き合えているのかこの人はとちょっと羨ましく思いました。

これを乗り越えていくこの人はどんどん成長していくんだろうなと

 

昔できなかったことがどんどんできるようになってはいるけれど

きっと壁がなくなることはないはずで

年下を見て「若いね」なんて言うような自分になってたら焦らなきゃ

今の自分の壁が見えているか

越えたい壁を持っているか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の人がくれる力

先日、高校時代の友人とまたその友人のミニライブを見に行ってきました。

 

帰りに3人でご飯を食べながら将来のことなど話しているうちに、私の番になった。

 

「絵やデザインを使って仕事がしたい」というずっと言えなかったことを話すと、

 

「じゃあ、インスタで作品をアップしていくアカウント作りなよ、今日!、てか今!」

 

という言葉が返ってきた。

 

 

”作品用アカウントを作る”

そのアイデアはあったけれど、アカウントを作っても全然あげなくなってしまっては逆に自分のだめさを痛感するような・・・

人に頼まれて描くタイプの私に好きに描いてアップするなんてできるのだろうか・・・

なんて不安ばかり考えて一歩踏み出せない自分だった。

 

でも、

 

友達も見たいと言ってくれているならと、とりあえず作った。

 

つくってしまうと作品に反応があることが嬉しくて

 

これが、いろいろあげたくなる。

 

描くものがなくなっても、友人が”お題”をくれるというのでアイデアがなくなる不安もない。

 

友達(他の人)から言われると不思議に安易と越えることができた”不安の壁”

 

改めて、他の人が与える力ってすごいなと感じた。

 

それは、気負って「何かやってあげなくちゃ!いいことを!」

 

なんて思わなくていい。

 

素直に思えることを相手に伝えると、知らずにその人にものすごいエネルギーを与えていることがあるのかもしれない。

 

友達やほかの人の言葉ってものすごい。

 

 

「頑張って」と言われるだけでどこからともなくエネルギーが湧いてくる。

 

この力はどこからくるんだろう

 

どこに潜んでいたんだろう

 

こんなことがあると自分も他の人と関わるのが楽しくなる

 

 

もしかしたら、自分がそこにいるだけで、誰かに力を与えているかもしれない